赤ちゃんの夜泣きー生活リズム編

生活リズムを整えてみましょう


寝言泣きでもない、または眠ってもまたすぐ起きてしまい放おっておいても泣きやまない場合。

 

次にとる手段は「生活のリズムを整える」ことです。

 

赤ちゃんはもともとお腹の中では昼夜なく眠ったり起きたりしていました。生まれた後、生活リズムが整うには2〜3ヶ月かかるとも言われたりします。


しかし、それ以降もなかなか生活リズムが整わない場合は、一日一緒に過ごしているママがリズムを整える手助けをしてあげないといけません。

 

できれば生まれてすぐから取り組むと良いのですが、産後はなかなか大変です。

ここでは生活リズムを整えるための基本の知識と月齢別のスケジュールを記しておきます。

生活リズムの基本


一番大切なのは朝です。朝は必ず6時半〜7時の間に起こしましょう。


眠っている赤ちゃんを起こすのは忍びないかもしれませんが、カーテンを開けて優しく声をかけ、オムツを変え、寝間着を着替えさせてあげるうちに自然と目を覚ましてくれます。


これができれば半分は成功したようなものです。どんなに夜中泣いていて全然眠っていなくても、今日から始めれば変わる可能性は十分にあります。


次に大切なのはお昼寝の時間です。いつ、どのくらい眠るのかについては月齢別に分かれますが、基本はお昼寝のしなさ過ぎもし過ぎも赤ちゃんの生活リズムを崩す、ということです。


今、赤ちゃんがいつ、どのくらいお昼寝をしていますか?そこに原因があるかもしれません。まずはそれを把握してください。

 

朝ちゃんと起きることが出来て、お昼寝も適切な時間に取れていれば苦もなく夜の7時には寝付くことができます。就寝の一時間前が勝負です。お風呂は就寝の一時間前までには終わらせておかないと寝つきにくくなります。また、お風呂が40°c以上だと寝つきにくくなります。


パパが帰って来てからお風呂に入れるご家庭は、夜ではなく朝に入れてもらうようにしてください。どちらも無理なら、ママがお風呂に入れてあげましょう。夜泣きの改善のためにはパパに少し我慢してもらうことも選択肢のひとつです。