赤ちゃんの夜泣き−栄養不足編

睡眠にはメラトニンが不可欠


睡眠を維持するのは「メラトニン」という脳内ホルモンです。
メラトニンは同じく脳内ホルモンの「セロトニン」から作られますが、そのときマグネシウムを必要とします。
下の表のように、生後6ヶ月からは母乳のマグネシウム量は赤ちゃんの必要量の半分以下になってしまうようです。生後6ヶ月に達していなくても、ママの母乳にマグネシウムが不足している可能性は十分あるでしょう。


またセロトニンは気分を安定させるホルモンで、これが不足すると気分が落ち込みやすくなり、うつの原因になったりします。

セロトニンの原料はタンパク質、亜鉛、ビタミン類など様ざまな必須栄養素から作られます。

 

 夜泣きやぐずりがひどい場合には、ママの母乳の中に睡眠に関わる栄養素が不足していることが考えられるため、早めに補乳食(母乳の栄養を補うための赤ちゃんの食事)で赤ちゃんに栄養を補給する必要があるかもしれません。

でもその前に、まずはママの栄養を見直すことがとても大切です。授乳中は普段より必須栄養素を積極的に摂らないと母乳の栄養が不足するし、何よりママが産後うつなどになってしまいます。


産後うつと栄養


産後うつに関わる他の栄養素として、必須栄養素のDHA、EPAが関係しているとも言われています。

DHA,EPAは魚に豊富に含まれる脂質です。現代人は魚の摂取が減少してきているとも言われており、普段から魚をあまり食べないママはこの脂質が不足しやすくなります。

さらに赤ちゃんに授乳をしていると、赤ちゃんに優先的にこの脂質が移行するため、授乳中ママは特に気をつけなければなりません。

本来、赤ちゃんの世話をするママは、育児を辛いと感じないよう「オキシトシン」というリラックス効果のある脳内ホルモンがたくさん分泌されます。このホルモンは別名「愛情ホルモン」とも言われています。

オキシトシンはたんぱく質から合成されるため、たんぱく質不足のママはこのオキシトシンの分泌が低下し、育児がより過酷に感じてしまいます。栄養不足になると、育児や夜泣きが辛く感じ、ノイローゼから本格的なうつ病になってしまうママもいます。

こうなると育児どころではありません。育児放棄や虐待に繋がるケースもあり、赤ちゃんを児童養護施設などに預ける必要が出たり、ママが入院しなければならないことになってしまいます。

夜泣き対策はママのリラックスから


初めての我が子の子育ては緊張しますよね。

 

「この方法で合ってるのかな?」

 

「もし間違ってたらどうしよう!」

 

「困っていても誰にも相談できない」

 

そんな不安や恐れは赤ちゃんに伝わります。

 

 

逆にママがリラックスしていると、赤ちゃんもリラックスできます。

 

赤ちゃんとの生活は、本来新しい発見の連続で楽しいものですが、もしストレスを感じているのなら一人で抱え込まないでください。

 

地域の支援センターに足を運んだり、ベビーマッサージやベビーヨガ教室に通うと、同じ悩みを持つママがたくさんいますよ!

 

苦しいのはあなただけではありません。

 

毎日同じ生活の繰り返し状態から脱出して、コミュニティの繋がりを作っていきましょう。