補乳食を始める時期

赤ちゃんの準備が整ったか観察してみましょう


補乳食の必要性で説明したとおり、赤ちゃんは生後4〜6ヶ月を過ぎると母乳からの栄養が徐々に不足するといわれています。そこで補乳食を始める必要がありますが、他にも以下の様に赤ちゃんの準備が整ったかを観察してみましょう。

 

  • 体重が出生児の2倍になった
  • 舌を上手くコントロールできる
  • 口を上下にもぐもぐ動かしている
  • 下の歯が生え始めた
  • 口に物を入れるのを嫌がらない
  • 新しい味に興味を示す
  • よだれの量が増える
  • 大人が食べている様子に興味を示す

などです。

すべてを満たす必要はありませんが、赤ちゃんの発達具合の確認のためにもこれらのことを観察しておきましょう。

 

生後4〜6ヶ月を過ぎると消化器系の準備も徐々に整ってきます。ただし、赤ちゃんは生後1年を過ぎないと食物繊維をうまく排泄できず便秘を起こす可能性があります。野菜や炭水化物を食べさせ過ぎないよう注意してください。

 

補乳食の開始は生後4〜6ヶ月より遅すぎても、赤ちゃんにとっては不利益になるかもしれません。早すぎれば消化が出来なかったり、うまく飲み込めず誤嚥を起こす可能性もあります。

 

 

とはいえ、食べたがらない赤ちゃんに無理に食べさせる必要はありません。

 

赤ちゃんは消化機能が整った段階で自分から食べるようになります。

「いつまでたっても母乳しか飲まない」と不安がる必要はないので、赤ちゃんの成長をそっと見守ってあげましょう。

 

一日一品から


補乳食のはじめ方は、一日一品を一口からはじめ、毎日少しずつ量を増やしていきます。

もしアレルギー反応が強く出てしまったとき小児科にかかることを考え、食べさせる時間帯は午前9時から11時か、午後2時から4時の間にしましょう。

 

まず、味のある食べ物に興味を示すかどうかを確認するには、味のあるものを舐めさせるのが良いでしょう。そこで、おすすめは「鶏肉の骨」や「スルメ(食塩無添加)」を舐めさせてみることです。

 

補乳食を始める準備が整っていれば、夢中でしゃぶりつきます。ただ、飲み込んでしまわないように目を離さないでください。大きさは飲み込めないくらい大きいものを選びましょう。

 

また、甘い物を舐めさせるのはやめましょう。甘みの強いものは依存性があり、甘みの薄い母乳を嫌がって飲まなくなる可能性があります。

 

ジュースを薄めて飲ませるのもおすすめしません。それが習慣化すればいずれもっと甘い飲み物を欲しがり、糖質依存と腸内環境悪化からくる血糖値の乱高下で夜泣きやぐずりの原因となりえます。

  

参考文献:The Nourishing Traditions Book Of Baby & Child Care  Sally Fallon Morell

http://www.amazon.co.jp/Nourishing-Traditions-Book-Baby-Child/dp/0982338317