オイルラテチャレンジの経過


オイルラテチャレンジの経過をブログで報告しました。参加者の皆さんの感想をコメント欄でお読み頂くことができます。

 

オイルラテ1日目

オイルラテ2日目

オイルラテ3日目

オイルラテ4日目

オイルラテ5日目

オイルラテ6日目

オイルラテ7日目

オイルラテ8日目

オイルラテ9日目

オイルラテ10日目

 

参加者の皆さんからのご質問


のんたんさんからのご質問
Qどうしても甘い物も少し食べたいなと思いますが、
いつ大丈夫ですか?

おやつとしてなら大丈夫ですか?

A. 甘い物が食べたい時は寝る前に糖質15g以内の質の良い チョコレート(間違ってもコンビニのチョコレートはダメ)や生はちみつ(栄養が豊富)ならセーフです。
寝る前の糖質は太ると言われていますが、15g以内であれば(正常な糖代謝の人なら)血糖値を大きく上げることなく、逆に睡眠の質が上がる場合もあります。(私はそうでした)
ただし、寝る前の少量の糖質摂取がすべての人に悪影響がないわけではないですし、多くの人は体重が落ちにくくなる問題をはらんでいます。食べた翌日の体調や体重の変化、眠りの質がどうだったかをじっくり振り返って選択してください。
食べなくても良いならそれに越したことはありません。

また、上記の食べ物以外まで拡大解釈した場合、何も保証できません。
人工甘味料や添加物、グルテンの多い低糖質食品は腸内環境を荒らしデブ菌を増殖させたりアレルギーを増やす可能性があるということを知っておいてください。



りほさんからのご質問
Q. コーヒーではなく、ココアでも大丈夫ですか?
1日に4回ほど、オイルを入れて飲んでいるのですが、ココアにハマってしまい、コーヒーではなくココアが飲みたい!となってしまってます。
朝の置き換えも、コーヒーではなく、ココアです。
大丈夫でしょうか?m(_ _)m

A. ピュアココアパウダーであれば高ポリフェノールなのでコーヒーの代わりに飲んでいただいて大丈夫です。


ツトムさんからのご質問
Q. 糖質を控えて3日目ですが、少しふらふらしますがどうすればいいんでしょうか?


A. 糖質を控えると脂質をエネルギーにするケトン体代謝に移行しますが、今までケトン体をうまく製造、利用していなかった体はうまく使えずエネルギー不足になり、疲れやすさ、ふらつき、眠気などを感じることがあります。
また、今まで糖質を摂取していたことで分泌されていたインスリンの量が減ると、体内のナトリウム濃度も減るので低ナトリウム血症で脱力が起こる場合があります。
あとは単純な糖質離脱症状でも起こります。
対策は、無理せず休む、塩分を多めにとる、オイルラテを飲む回数を増やすのが良いでしょう。

ミルクさんからのご質問

 

Q.「お湯をアーモンドミルクにしてココアやチョコレートラテを作ったらダメですか?アーモンドミルクで作るとメチャウマなんです(*´∀`*)ちなみに200mlで糖質2.0あります。」

 

A.アーモンドミルク、最近よく売れてますね

 

私はあまり飲まないですが、豆乳に比べたらフィチン酸は少ないので栄養の吸収を阻害されることはないかなと思っています。

ただ、アーモンドなどのナッツ類はカビが付きやすく、敏感な人は体調を悪くしたり皮膚がかゆくなったりすることもあるので、飲んだ後の体調チェックはしておくと良いと思いますよ

 

 

レナさんからのご質問

 

Q1.

オイルラテを始めてから無性に脂質(バターとナッツ)を欲するようになりました。

良質の脂質はたっぷりとっても大丈夫と思って満足いくまでとってます。

と言ってもそこまで食べ過ぎな感じではないですが(^-^;)

脂質を欲するのって、何か栄養が足りてないんでしょうか??

欲するまま食べてもいいんでしょうか??

 

A1.

MCTオイルは100%が中鎖脂肪酸です。この中鎖脂肪酸は摂取すると肝臓でケトン体に代謝され、それをエネルギーとして体が使い始めるようになるといわゆる「ケトジェニック」状態になります。

ケトジェニックのスイッチが入っていると、次から次へケトン体を消費し始めるので、中鎖脂肪酸の摂取量が少ないと不足感を感じるようになり、無性に脂質を欲するのかもしれません。

我慢して変なものを暴食しては意味がないので、我慢はしないほうが良いと思います。

 

 

Q2.

2人目妊活中なんですが、まだ産後のホルモンバランスが整わず、生理不順で排卵もうまくできてません・・・

オイルラテなど脂質をたっぷりとることで、生理不順や排卵障害が改善することってありますか??

もし、糖質制限と絡めて生理不順が改善する方法があれば教えてください♪

 

A2.

良質の脂質を摂ることは妊娠に向けた準備を整えるのに最適です!

摂取エネルギー不足が生理活動を止めてしまうこともあります。

 

妊活中なら糖質を厳格に制限することよりも、ビタミン・ミネラル・たんぱく質・良質の脂質をたっぷり摂ることを優先しましょう。

特にDHAやビタミンA/D/E/Kは現代食では摂取しにくく、かつ妊活に超重要な栄養素です

 

手前味噌ですが、妊活されている方から授乳中の方、赤ちゃんまで、発酵タラ肝油はオススメです

http://www.studio-felice78.com/妊活-ベビ待ち期/発酵タラ肝油は天然のサプリメント/

 

水銀などの重金属チェックをされていて、非加熱・天然の発酵タラ肝油はめちゃくちゃ栄養豊富なので、安心して摂取できます

 

また、妊活中の方には鉄の摂取は必須です

http://www.studio-felice78.com/妊活-ベビ待ち期/歯列矯正の予防は妊娠前から/

 

鉄不足では産後の生理再開も遅くなりがちになるとか・・・

 

 

私はレバーも食べますが、全然フェリチンが足りていないので、鉄のドクターズサプリも飲んでいます

 

 

ピコさん

Q.金曜日、激しい下痢でバターを減らしていました。

昨日寝る前のオイルラテから、減らしていたバターを10gに戻したところ、激しい下痢でした。

そのせいもあっての減りかな。という気もします。

 

A.いつもご報告ありがとうございます!

バターは短鎖脂肪酸が多く腸細胞の栄養になるのですが、今まで脂質を制限していた方が摂り始めると上手く吸収できずに下痢になってしまうようです。もっと少量を回数分けて使ってみるのはいかがでしょうか。

 

 

nature_99さん

Q.気が付いた時には、オイルラテの募集が

終わっていたので、エントリーせず、参加

しています、すみませんが、お聞きしたく

こちらで失礼します

オイルラテを初めてすぐに、生理が来ましたが

続けてオイルラテを、朝、昼頃、寝る前と飲んで

いましたが、体脂肪、体重とかなり増えて

しまいました、これは生理のせいもありますか?

一度、夜の寝る前のラテを飲まずに、寝てしまった時は、体重、体脂肪も減っていたんです

これは、どうなのか?です

生理も、終わりになって来ました

このまま、三回飲む方が良いでしょうか?

 

Q.おそらく脂質代謝が上手くできない人はオイルラテであっても蓄積してしまうのではないかと思います。特にこれまで脂質制限をしていた方に多い印象です。他の体調との兼ね合いもありますので、一旦お休みしていただいた方が良いと思います。

脂質代謝を良くすると体脂肪も燃えやすい体になるので、体質改善のための食事療法が有効です。内容は個人差がありますので個別アドバイスとなります。

ご興味がありましたら、無料カウンセリングにお申し込みください。

 

 

maruさん

A.いつもブログ読ませていただいてます(^^)ありがとうございます☆

今オイルラテしてるんですが、質問しても大丈夫ですか??

寝る前にオイルラテを飲むとあるんですが、私は仕事で 帰るのか夜中3時になります;

それでも寝る前がいいか、それとも仕事前(夜9時)がいいのか よろしければ教えて下さると助かります(>_<)

よろしくお願いします☆☆

 

Q.メッセージありがとうございます。

夜間のエネルギー不足による翌日の目覚めの悪さ、過食を予防する意味で寝る前のオイルラテ摂取が有効なようです。ですので、やはり寝る前で良いと思いますよ!

 

 

rieさん

Q.生クリームが食べたいなと思う時があるのですが、オイルコーヒーと一緒に食べても大丈夫なのでしょうか?

 

A.「シリコンバレー式」によると生クリームはカゼインが多く、カゼインが脳へ何かしらの影響を起こしているような人は避けるべきとしています。

私はそこまで制限する必要はないかと思いますが、ついチーズや生クリームを食べ過ぎてしまう人、腸内環境が良くない人など、カゼインアレルギーなどを疑う症状がある人は一旦控えてみるのが良いのでと考えています。

 

 

ゆりこさん

Q.先日、コメント入れたのですが後半は入っていなかったのでしょうか?それとも個人的な相談は削除されていたのでしょうか?糖質制限+オイルラテを実践していますが、週1程度のアルコールは飲んでもいいものでしょうか?また、豆乳が好きなのですがオイルラテに入れてもいいのでしょうか?オイルラテ美味しくて飲んでいますが20年くらい悩んでいた便秘がよくなりました。何をしてもだめだったのに、思ったより体重は減らないですが嬉しいです!

 

A.お返事をスルーしてしまいすみませんでした。

アルコールは適量であれば私は問題ないと思います。(シリコンバレー式の本では脳のパフォーマンスを落とすとして推奨はしていませんでした)

豆乳は環境ホルモンのイソフラボンが性ホルモンを撹乱するリスクがあるという報告があります。ただ、これとは逆に、イソフラボンが少ないエストロゲン、多すぎるエストロゲンに対する調整作用を持っているという報告もあります。この辺りはまだ私も確信のある答えを持っていません。

また、大豆のフィチン酸・反栄養素など栄養吸収を阻害する物質も多いので、私はわざわざ飲む必要のないものと考えています。

ただ、がぶ飲みするわけではないと思うので、デメリットがあるかもしれないと知りつつ嗜好品として楽しむ分には構わないと思います。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

栄養、ダイエットに正しい・間違っているということはないと思っています。

ただし、個人個人に合うか合わないかは別です。

 

人間の体はまるで宇宙のように、小さな化学反応が無数に巻き起こり生命体としての機能を果たしています。

「これを食べたらこうなった」という1対1の反応は、表面上はそのように見えるかもしれませんが、体の中ではおびただしい数の反応が起こって因果を形作っています。

 

今日はこれがよくても、明日は違う。こんなことも多々有るのが人間の、命の不思議。

 

そんな未知の科学を手なづけようとするのではなく、体と心を共に統合して自分に優しくなることが、ありたいと思う自分の姿に近づくための一歩だと思います。

 

だからこそ、美味しく、楽しくなんですね

 

 

 

自分の体の声、しっかり耳を傾けてあげましょう